相続分

遺産全体に対する各相続人の取り分

一般的に相続分は、その各相続人の取り分を割合で示したものを言いますが、各相続人が相続する具体的な財産の金額(相続財産の額にその相続人の相続分を乗じて計算される金額)を相続分ということもあります。

相続分は、民法の定める一定割合によりますが、遺言により指定がある場合はその指定に従います。民法による法定割合を法定相続分と言い、
遺言による指定割合を指定相続分と言います。

法定相続分

1.相続人が配偶者と子の場合

配偶者の法定相続分は2分の1子は何人いても法定相続分は全体で
2分の1となります。
子が数人いるときは、各自の配分は均等とされていますが、
嫡出子と非嫡出子とがいる場合、
非嫡出子は嫡出子の2分の1とされています。

2.配偶者と直系尊属の場合

配偶者の法定相続分は3分の2直系尊属は何人いても全体で
3分の1となります。
実父母・養父母の区別なく、直系尊属各人の法定相続分は均等と
されています。
父母の代の者が一人もなく、祖父母の代の者が相続する場合も同様です。

3.配偶者と兄弟姉妹の場合

配偶者の法定相続分は4分の3兄弟姉妹は何人いても法定相続分は
全体で4分の1となります。
兄弟姉妹各人の法定相続分は均等とされていますが、
父母の双方を同じくする者(全血)と父母の一方だけを同じくする者
(半血、例えば腹違いの兄弟) とがいる場合、半血の兄弟姉妹の法定相続分は全血の兄弟姉妹の2分の1とされています。

4.配偶者がおらず、子、直系尊属または兄弟姉妹だけが
  それぞれ共同相続人であるとき

相続財産の全体について、前述したところに従って分配を受けます。
代襲相続人の法定相続分
代襲者の法定相続分は、被代襲者が受けるべきであった
遺産の配分と同じです。
代襲者が数人いれば、被代襲者の配分を前述した一般原則の
割合で相続しますが、被代襲者の配偶者は代襲相続人となりませんから、
配偶者のない場合の法定相続分の割合で遺産を配分します
襲者の配偶者は代襲相続人となりませんから、配偶者のない場合の
法定相続分の割合で遺産を配分します。

■…相続とは
■…相続人とは
■…遺産分割協議書